Komemame Diary 2

2013.11.02 - 11.03 Sat (1)
磐梯山・西吾妻山へ。その1
c0313231_17103972.jpg

またもや天気が良くない三連休です。
土曜日は期待できますが、日・月はペケ。
北アルプス方面を考えていましたが、
予定していたルートだと日曜日に稜線に立つ行程になるので泣く泣く却下。

さて、どうしよう。
せっかく遠出できる機会なので、普段行けないようなところに行きたい、
ということで決めたのが磐梯山と西吾妻山をキャンプしてゆっくりと登るプランです。
紅葉も期待できます。
ホントはこの2つの山は雪の季節に登りたかったのですが、
まずは下見ということでこの機会に訪れてみることにしました。



 
 
ICを降りるとモルゲンロートに染まる表磐梯が見えました。
こんな景色を毎日見ながら暮らすってどんな気持ちなんだろう?
c0313231_13592678.jpg


湖畔の近くは靄がかかっていて幻想的
c0313231_13594439.jpg


裏磐梯スキー場の駐車場はご覧の通りガラガラでした
c0313231_140266.jpg


朝靄の中スタートです
c0313231_140192.jpg


ゲレンデへ向かう林道は色付いていました
c0313231_1404566.jpg

c0313231_141176.jpg


歩き出してすぐにガスが晴れました
c0313231_1412915.jpg


美しいですねぇ~
c0313231_1415619.jpg


スキーセンターに到着
c0313231_1421496.jpg


振り返ると背後には吾妻連峰。檜原湖の湖上にだけガス
c0313231_1423223.jpg


ゲレンデ脇を上がっていきます
c0313231_1425120.jpg


銅沼との分岐を噴気口方面に向かうと雰囲気の良い樹林帯となります
c0313231_1431520.jpg


木漏れ日の中進みます
c0313231_144516.jpg


光を受けたすすき
c0313231_1443341.jpg


天狗岩と丸山方面を見上げます
c0313231_1445487.jpg


こちらは櫛ヶ峰
c0313231_1451165.jpg


火口原を進みます。前方は櫛ヶ峰
c0313231_1453234.jpg


天狗岩と地質が剥き出しの裏磐梯山の斜面
c0313231_1455666.jpg


急登の途中から森林限界を越えて素晴らしい眺望が背後に広がります
c0313231_1461769.jpg


急登の途中で振り返ると檜原湖
c0313231_1463855.jpg


こちらは奥に飯豊連峰と眼下には銅沼
c0313231_1465746.jpg


大迫力の櫛ヶ峰
c0313231_1471626.jpg


前方に天狗岩が見えます
c0313231_1481148.jpg


太陽と青空
c0313231_1483562.jpg

c0313231_1484643.jpg


稜線に出ると圧巻の景色が広がります
c0313231_149887.jpg


飯豊連峰と銅沼
c0313231_1493637.jpg


檜原湖
c0313231_1495967.jpg


西吾妻山
c0313231_14102329.jpg


櫛ヶ峰へ続く稜線
c0313231_1410404.jpg


デデーンと磐梯山の山頂が見えてきました
c0313231_141149.jpg


左手に磐梯山山頂、右手に天狗岩
c0313231_14113247.jpg


すばらしい景色の中を進んで行きます
c0313231_14115827.jpg


右手に天狗岩
c0313231_14122244.jpg


荒涼とした雰囲気が活火山ということを教えてくれます
c0313231_14124790.jpg


いや~実に気持ちのいいルートです
c0313231_17103972.jpg


天狗岩はまるで穂高連峰のようです
c0313231_14133766.jpg

c0313231_14135494.jpg


櫛ヶ峰の稜線の美しいライン
c0313231_14141455.jpg


山頂が近づいてきました
c0313231_14143571.jpg


稜線の東側には沼平
c0313231_14145112.jpg


三合目に到着
c0313231_14152127.jpg


黄金清水でガブリ。おいしい水でした
c0313231_14154666.jpg


ガレ場を登ります
c0313231_1416734.jpg


天狗岩を振り返って。左手にはお花畑。背後には檜原湖
c0313231_14162989.jpg


四合目に到着。ここから頂上まではあとわずか
c0313231_14165458.jpg


四合目からは再び背丈までの灌木帯を登る
c0313231_14171551.jpg


磐梯山山頂に到着。頂上標は山頂より一段低い所にあります
c0313231_14173752.jpg


山のポーズ
c0313231_14175763.jpg


山頂より吾妻連峰。明日天気が保てば登る予定です。手前は櫛ヶ峰
c0313231_15144258.jpg


山頂より安達太良山。乳首もバッチリ見えてます
c0313231_15151861.jpg


山頂より飯豊連峰。いつか行ってみたいです
c0313231_15155561.jpg


飯豊連峰アップで。まだ冠雪していないようです【PHOTO by komemame】
c0313231_15161489.jpg


山頂より猪苗代湖
c0313231_15173046.jpg

c0313231_15175015.jpg


山頂より左に那須、正面は日光方面
c0313231_15181455.jpg


西側にはキレイな雲海
c0313231_15184461.jpg

c0313231_1519359.jpg


山頂より檜原湖と背後は朝日連峰
c0313231_15193054.jpg


山頂より櫛ヶ峰と秋元湖
c0313231_15195218.jpg


さて下山です
c0313231_15201268.jpg


お花畑経由で中の湯跡に向かいます
c0313231_15203152.jpg


ゴーっという音とともに正面の崖から岩なだれが起きていました
c0313231_15204798.jpg


中の湯跡から銅沼に向かいます
c0313231_1521513.jpg


標高が低いところは紅葉でした
c0313231_15212955.jpg


カエデ
c0313231_15214835.jpg


銅沼(あかぬま)に到着。銅沼と正面に櫛ヶ峰
c0313231_15222499.jpg


銅沼と天狗岩。中央2カ所から噴煙が上がっています
c0313231_15224821.jpg


銅沼の縁は赤茶けた色をしています
c0313231_152391.jpg


紅葉がきれいです。正面は西吾妻山と山腹に八の字型をしたグランデコスキー場
c0313231_15232627.jpg


スキー場のゲレンデに到着
c0313231_15234193.jpg


黄色!
c0313231_15235963.jpg


赤!
c0313231_15241498.jpg


下山後は小野川湖畔のキャンプ場でテントを張ることにします
c0313231_1525013.jpg


シーズンオフのためキャンプ場はガラガラでした
c0313231_15252162.jpg


小野川湖の湖畔は紅葉真っ盛り
c0313231_15254075.jpg

c0313231_15255233.jpg

c0313231_1526370.jpg


夜ご飯までキャンプ場のまわりを散策。前方には磐梯山
c0313231_15263338.jpg

c0313231_15265134.jpg


夕暮れ時は紅葉に光が当たってさらにキレイでした
c0313231_15271589.jpg


さて、お楽しみの夜ご飯。重い鉄鍋持参ですき焼きです。
こんなことができるのもキャンプ山行ならでは
c0313231_15274987.jpg


できあがり
c0313231_1528460.jpg


土曜日の山行は起きるのが辛く、予定よりも1時間遅れで出発。
猪苗代磐梯高原ICを降りるとモルゲンロートの表磐梯がドーンと出迎えてくれました。
裏磐梯の湖畔のキャンプ場でテントを張る予定のため、
裏磐梯ルートで噴気口から磐梯山、銅沼を周回することにします。

このルートは雰囲気の良い樹林帯、裏磐梯の荒々しい火口壁の景色、荒涼とした稜線など
変化に富んでいて距離が短いということもあるのでしょうがまったく飽きません。
特に稜線に出てからは圧巻の景色が広がります。荒涼として様は、
まるでミニ槍穂連峰にいるような雰囲気でした。

約2時間であっという間に山頂に到着。
山頂から眼下に湖沼群を挟んで、お向かいの吾妻連峰や安達太良山。
そして遠くにはくっきりと飯豊連峰など360度の展望を楽しめます。

帰りに銅沼に立ち寄ったりしてお昼過ぎに駐車場まで戻りました。
ここからキャンプ場探しです。営業は10月いっぱいまでというところが多い中、
小野川湖の湖畔の庄助キャンプ場というところでテントを張りました。
もちろんキャンプ場はガラガラ。キャンプサイトのすぐ隣が湖というロケーション。
紅葉と相まってとても静かでキレイな景色を眺めることができました。

そして、夜の食事は普段の山行だと絶対にありえない重た~い鉄鍋を用意してすき焼きを楽しみます。
テントの横までクルマを乗り入れることができたり、設備が整っていたり(何とお湯まで出ました)と
ありがたかったのですが、そんな場所に不慣れな自分たちはうろたえるばかりでした。

もう11月。夜は冷えるだろうとモンベルの#0シュラフを持っていきましたが、
暑過ぎて夜何度も起きてしまいました。ちょっと大げさ過ぎたようです。

2日目に続く。


【memo】
07:27  裏磐梯スキー場入口駐車場
07:54  噴火口コース・銅沼コース分岐
08:16  噴気口分岐
08:58  三合目(天狗岩)
09:05  黄金清水
09:13  四合目(弘法清水小屋・岡部小屋)
09:33  磐梯山  10:13
10:32  四合目(弘法清水小屋・岡部小屋)  10:38
11:29  中ノ湯跡
11:59  銅沼12:17  (休憩・食事)
12:25  噴火口コース・銅沼コース分岐
12:41  スキー場入口駐車場
[PR]
by ighana2 | 2013-11-04 10:58