Komemame Diary 2

2013.11.16 Sat(1)
妙高山(敗退)→美ヶ原へ。その1
c0313231_11272531.jpg

週の前半は冷え込みと悪天が続いていたため、
今週末の山行に備えて慌ててタイヤをスタッドレスに変更することに。
何とか金曜日夜に履き替えが完了して向かったのは妙高山。




 
 
燕温泉の駐車場に到着するとそこは雪国でした
c0313231_11223826.jpg


温泉街の道は温泉が流れています
c0313231_11225620.jpg


温泉街を抜けるとすぐに登山口
c0313231_11231310.jpg


いきなりラッセル気味でスタートです
c0313231_11233063.jpg


膝上まで沈みます
c0313231_1124354.jpg


黄金の湯(男)
c0313231_11242210.jpg


黄金の湯(女)
c0313231_11244049.jpg


黄金の湯を過ぎるといきなりドーンと妙高山の姿が現れました
c0313231_11245866.jpg


空がオレンジに染まってきました
c0313231_11251519.jpg


モルゲンロートで真っ赤に染まる妙高山
c0313231_11253365.jpg


妙高山を見ながら進みます
c0313231_11254911.jpg


もう完全な雪山でした
c0313231_1126770.jpg


朝日を受けて染まる神奈山
c0313231_11262379.jpg


朝日が昇ってきました
c0313231_11265850.jpg


朝日に浮かぶkomemameのシルエット
c0313231_11274421.jpg

c0313231_11272531.jpg


天気は最高です
c0313231_1128177.jpg


朝の光が登山道をほんのりと染めます
c0313231_11283576.jpg


林道終点付近より妙高山を望む
c0313231_11285513.jpg

c0313231_11292015.jpg


林道終点を過ぎるとこんな危険なトラバースが続きます。
斜面から雪崩れて落ちたデブリが谷に向かって斜めに堆積していて、
溶融凍結しているところもあり危険極まりありません
c0313231_11293064.jpg


ピッケルは一発で刺さらず、何度も突くとデブリは割れて崩れ落ちてしまいます。
これ以上進むのは危険と判断。写真中央左の雪が盛り上がったところで撤退を決めました
c0313231_1130379.jpg


う~ん、残念。でもこれで正解だったと思います
c0313231_11302621.jpg


来た道を戻ります
c0313231_11304473.jpg


神奈山がやたらカッコ良く見えました
c0313231_11312278.jpg


今週初雪とのことですが、いきなり完全な雪山でした
c0313231_11314999.jpg


さよなら妙高山
c0313231_1132728.jpg


また来ますよ
c0313231_11324549.jpg


久しぶりにピッケルが雪に軋む音を聞きました【PHOTO by komemame】
c0313231_1133277.jpg


燕温泉はこじんまりした雰囲気の良い温泉街でした
c0313231_11333251.jpg



燕温泉につくとビックリ。そこはすでに雪国でした。
コース状況に書いたようにトラバース道の雪状態が極悪だったため撤退を決断。残念!

下山はあっという間で8時過ぎには駐車場まで戻ってきてしまいました。
たっぷり歩いたわけではないので温泉にも入る気にならず…。

さて、どうしよう?
別の登山口からチャレンジするには時間が足りません。
場所を変えてどこかお手軽に登れるところはないかなぁと思案していると
こんなときにピッタリの場所を思いつきました。
そう美ヶ原です。こんなことでもないとなかなか行く機会がない場所。
着の身着のまま、美ヶ原に向かってクルマを走らせます。

続く。

【memo】
06:12  燕温泉日帰り客専用駐車場
06:16  燕温泉登山口
06:55  林道終点
07:13  撤退地点  07:17
07:52  燕温泉登山口  08:10
08:13  燕温泉日帰り客専用駐車場
[PR]
by ighana2 | 2013-11-17 11:20