Komemame Diary 2

2013.12.22 Sun - 12.23 Mon (1)
北八ヶ岳(八柱山~雨池~白駒池~剣ヶ峰 ラッセル山行)へ。その1
c0313231_17205795.jpg

ようやく雪の季節がやってきました。
この時季になると夏は見向きもしなかった八ヶ岳が気になり始めるから現金なものですね。

三連休は年末年始に向けてまずは雪山に体を慣れさせよう、
ということで今シーズン初の雪山テン泊フル装備で出かけました。

行き先はマイナールートで辿る北八ヶ岳。
北八ヶ岳の東の端にある八柱山から雨池に抜け白駒池経由での周回を計画しました。
冬の八柱山~雨池の記録も少なく雪の量が少し心配でしたが、静かな山行が期待できそうです。




 
 
八千穂高原スキー場の駐車場よりスタート【PHOTO by komemame】
c0313231_17225214.jpg


まずは車道歩きから
c0313231_17232163.jpg


天気も上々【PHOTO by komemame】
c0313231_17233847.jpg


大河原峠林道入口が登山口となっています
c0313231_17235721.jpg


しばらくはクルマが入った跡がありました【PHOTO by komemame】
c0313231_17262672.jpg


歩き始めの雪の量はくるぶし程度でしたが…
c0313231_17264232.jpg


進むにつれて雪の量が増えていきます
c0313231_17265943.jpg


この辺りから本格的なラッセル開始
c0313231_17271611.jpg


鹿のトレースを追って
c0313231_17274099.jpg


深い雪の斜面を登っていきます【PHOTO by komemame】
c0313231_1728965.jpg


この辺りではまだ笑顔が出る余裕がありました
c0313231_1728284.jpg


稜線に出ました
c0313231_17284548.jpg


この辺りから重荷が堪えてきます【PHOTO by komemame】
c0313231_1729591.jpg


稜線に乗ると腿ラッセルに
c0313231_1729197.jpg


傾斜もキツくなってきました
c0313231_17295249.jpg


ここでたまらずワカンを装着
c0313231_17205795.jpg


だいぶ登りやすくなりました。もっと早く付けとけばよかった
c0313231_17314675.jpg


稜線沿いは樹氷がキレイでしたが…
c0313231_1732554.jpg


ラッセルは続きます
c0313231_17324795.jpg


ようやく八柱山山頂の電波塔が見えてきました
c0313231_173387.jpg


あと少し!
c0313231_182319.jpg


マイナーピークですが、達成感はひとしおでした
c0313231_1822659.jpg


八柱山山頂到着
c0313231_1824868.jpg


八柱山の八のポーズ
c0313231_1832692.jpg


樹氷がきれいです
c0313231_1834717.jpg


雨池に向かって下ります
c0313231_1842198.jpg


八柱山~雨池間もノートレース
c0313231_1844096.jpg


かわりばんこでラッセル【PHOTO by komemame】
c0313231_1845830.jpg


午後の光が樹林帯に差込む中、
コースタイムのおよそ3倍の時間をかけて雨池まで進みました
c0313231_1852343.jpg


樹林帯を抜けバーンと目の前の視界が開けて雨池に到着【PHOTO by komemame】
c0313231_1855096.jpg


正面には三ッ岳
c0313231_1862073.jpg


池は一面雪化粧
c0313231_1864631.jpg


誰一人おらず静かな時間が流れます
c0313231_1871238.jpg


本日の我が家、上棟です
c0313231_1874777.jpg


夕日が雲を赤く染めます
c0313231_1881418.jpg


冬山の定番鍋キューブ。去年はなかった濃厚白湯スープはおいしかったです。
4種類のうちキムチと濃厚白湯がお気に入り。
それにしても雪山テン泊でレンズが曇らない方法があれば知りたい…
c0313231_1884288.jpg



1日目。
今日の歩行距離は10km以下。しかも前半は林道。
ということで余裕をかまして9時過ぎにゆっくりと出発。
予想通りノートレースの道が続き、最初はラッセルを楽しむ余裕もありましたが、
ハードなラッセルと重荷が堪え、そんな余裕も吹き飛びます。
一歩ずつ一歩ずつ牛歩で進んでいき、4時間以上もかかってようやく八柱山に到着。
マイナーなピークですが山頂に立った達成感はひとしおでした。

予定よりもだいぶ時間がかかってしまっているので、お昼も食べずに雨池に向けて出発。
雨池までのルートもさらに雪が深く、コースタイムの3倍もの時間がかかりました。

一面雪に覆われてひっそりとした雨池を眺めながら、静かな時間を過ごすことができました。
鍋を食べ、熱燗で締めて19時過ぎに眠りにつきます。

2日目に続く。

【memo】
09:22 八千穂高原スキー場
09:33 林道入口(八柱山登山口)
13:43 八柱山(休憩) 13:52
15:16 雨池(幕営)
[PR]
by ighana2 | 2013-12-24 17:17