Komemame Diary 2

2014.02.01 Sat
平標山へ。
c0313231_9233842.jpg

土曜日は移動性高気圧がやってきて全国的に晴れるとの予報。
しかしこの高気圧も足早に過ぎ去ってしまい、午後からは雲に覆われがちになるとのこと。

ということで、なかなか晴れない上越の山を検討します。
午前中に登っちゃってお昼には降り始められるような山で、人が少なさそうなところ…、
谷川岳は人が多そうだし、それならば平標山なんてどうだろう。

とはいえ豪雪地帯の山。ラッセル地獄で手も足も出ない可能性もあるから、
そんな時はさっさと撤退して、苗場でスキーを楽しむのもいいかも、
なんて話ながら向かってみることにします。




 
 
三国小学校横の駐車スペースよりスタート
c0313231_15284248.jpg


日が昇ってきました。いい天気になりそうです
c0313231_1529228.jpg


雪で埋もれた林道をトラバース気味に進んで行きます
c0313231_15292144.jpg


歩き始めると急激に暖かくなってきました
c0313231_15294033.jpg


林道からトレースレス
c0313231_15301225.jpg


トレースを付けていきます
c0313231_15303017.jpg


やっぱり雪深い上越の山。雪質も良いですね
c0313231_15305643.jpg


造形美
c0313231_15311065.jpg


林道がS字に曲がったすぐ先から尾根に取り付くことにします
c0313231_15312987.jpg


樹林帯に入ると雪の量が増えます
c0313231_15313862.jpg


雪の深さはこんな感じ
c0313231_1534509.jpg


今日はkomemameがラッセルを頑張ります
c0313231_15352076.jpg


気持ちのいい樹林帯を進みます
c0313231_15354087.jpg

c0313231_15355597.jpg


付けてきたトレースを振り返って
c0313231_15361640.jpg


正面に主稜線が見えてきました
c0313231_1536368.jpg


右手の尾根に向かいます
c0313231_15365428.jpg


まっさらな広い雪原を横断します
c0313231_15372655.jpg


広い雪原から主稜線を見上げます
c0313231_15374616.jpg


尾根に上がるために雪深い急斜面を登ります
c0313231_153827.jpg


こんな感じの尾根に乗ります
c0313231_15382124.jpg


右足上げて…
c0313231_15384624.jpg


左足上げて…
c0313231_1539410.jpg


ガシガシ進みます
c0313231_15392362.jpg


あまり見たことがない足跡。大きさは2cm程度。
ツリーホールで消えていたからリスか何かかな?【PHOTO by komemame】
c0313231_15395517.jpg


深いところだけラッセルを手伝いました【PHOTO by komemame】
c0313231_15401515.jpg


四つん這いになって進みます【PHOTO by komemame】
c0313231_15403720.jpg


マイナーな方の大源太山が見えてきました
c0313231_15405492.jpg


青い空が近づいてきました
c0313231_154146100.jpg


ヤカイ沢左岸の尾根に雪庇が張り出しているのが見えています
c0313231_1542868.jpg


急斜面のラッセルが続きます
c0313231_15422912.jpg


視界が開け始めました。一番右に苗場山が見えます
c0313231_15424757.jpg


大源太山と三国山
c0313231_15431285.jpg


筍山と苗場スキー場の斜面が見えます
c0313231_1544568.jpg


上越の山々
c0313231_15442153.jpg


樹林が疎らになり森林限界が近づきます
c0313231_15445318.jpg


主稜線に乗りました
c0313231_15452234.jpg


広くてゆったりしていて気持ちいい!
c0313231_15454416.jpg


主稜線に乗ると仙ノ倉山がバカーンと見えます
c0313231_1546434.jpg


仙ノ倉山から万太郎山に続く稜線が見えます
c0313231_15484194.jpg


青と白しかない世界
c0313231_1549451.jpg


稜線に出るとクラスト気味で比較的登りやすくなります
c0313231_15493164.jpg


空へと続く白い峰
c0313231_15495396.jpg


大源太山をバックに
c0313231_15501557.jpg

c0313231_15503856.jpg


いや~こりゃいいわ【PHOTO by komemame】
c0313231_1551596.jpg


青と白がパッキリ
c0313231_15513410.jpg


樹林帯から続く付けてきたトレース
c0313231_15515731.jpg


主稜線を登りきったと思ったら…
c0313231_15521896.jpg


さらに雪原が広がっていました。奥が山頂のようです
c0313231_1552468.jpg


誰もいない雪原を進みます
c0313231_15531670.jpg


平標山、こんないい山とは思っておらず失礼しました!
c0313231_9233842.jpg


仙ノ倉を横手に見ながら進みます
c0313231_15543276.jpg


山頂まであと少し!
c0313231_15545993.jpg


山頂に到着です【PHOTO by komemame】
c0313231_15552356.jpg


頂上標をパチリ
c0313231_15554731.jpg


平のポーズ
c0313231_15561280.jpg


何とも魅惑的な仙ノ倉までの稜線
c0313231_15564053.jpg


山頂より上越の重畳たる山並み1
c0313231_1557918.jpg


山頂より上越の重畳たる山並み2
c0313231_15573639.jpg


山頂より上越の重畳たる山並み3
c0313231_1558038.jpg


山頂より。松手山
c0313231_15582376.jpg


仙ノ倉に行きたいな〜
c0313231_1612163.jpg


巻機山方面を眺めるkomemame
c0313231_1614946.jpg


山頂より苗場山。何とも個性的なフォルムです
c0313231_1624485.jpg


山頂より。苗場スキー場のゲレンデ。プリンスホテルも見えます
c0313231_163135.jpg


さて下山です
c0313231_1633660.jpg


空が霞んできました
c0313231_164016.jpg


BCヤーはこの辺りからドロップインするのかな?
c0313231_1643235.jpg


主稜線から降りる直前で休憩・昼食にします
c0313231_165264.jpg


ポカポカ陽気のおかげでゆっくり休憩できました
c0313231_1652495.jpg


鞍部に平標山ノ家が見えます
c0313231_1655385.jpg


気温が高いせいか雪が重くシリセードするもあまり滑りませんでした【PHOTO by komemame】
c0313231_1661679.jpg


下りはサクサク
c0313231_1664054.jpg


帰りは多くの人とすれ違ったので立派なトレースに成長してました
c0313231_167171.jpg


意外と天気が持ち直し、再び青い空が広がります【PHOTO by komemame】
c0313231_1672490.jpg


林道との合流地点まで下ってきました
c0313231_1674569.jpg


遠くまで続く林道に一条のトレース
c0313231_1681170.jpg


しっかりしたトレースができており快適に歩けます
c0313231_1682817.jpg


駐車スペースまで戻ってきました。おつかれさまでした!
c0313231_1684421.jpg



【danyama】
ルートは最初から最後までラッセル。しかし進めない程ではないので撤退は考えず、
腰を据えて山頂を目指します。
今回はkomemameに全行程の7割程度をラッセルしてもらいラクさせてもらいました。
それにしても、体重が軽いせいでしょうかkomemameのラッセルの速いことと言ったら。
写真を撮っている間にどんどん引き離されます。
トレースを追いかけてもズボリズボリ嵌まってしまい、なかなか追いつくことができません。
これからはトレース要員として頑張ってもらうことにします。

朝方は冷えていましたが、日が昇るにつれてグングン気温が上昇。
汗だくになってラッセルを続け、ちょうどお昼に山頂に到着しました。
魅惑的な谷川主稜線を見てしまうと仙ノ倉山まで足を延ばしたい誘惑に駆られますが、
天気は午後から下り坂の予報。山頂にいると確かに靄ってき始めました。
ガスの中、あの広い稜線を歩くのは勘弁ということであきらめて下山することにします。
(下山すると予想に反して再び晴れましたが…)

下り始めると4~5組のBCヤーや登山者とすれ違いました。
7:30の出発で決して早いスタートではありませんでしたが、
周りが遅かったようで運良く新雪をいただくことができて良かった~。


【komemame】
なーんか山に行く気がしないなー、
天気もよくなさそうだしなぁー。
ヤル気の出ないこの感じは、先週山行きをさぼってしまったせいか…

3時半過ぎ、ごそごそ準備をはじめたdanyamaの物音で目を覚ます。
思い切ってベッドから這い出し、私ものろのろと準備をはじめる。
動きだしたら、意外としっかり目が覚めてヤル気が回復してきた。

danyamaから行き先は「たいらっぴょうやま」と告げられ、
前回の西岳のときと同様、「ハテ?それってどこ?」。
ほんとうに私は山を知らなすぎる。
行きの車の中で地図を見たり、ヤマレコで情報収集。
どうやら山スキーの人に愛されている山のようだ。
でもこの時期の平標山はほぼレコがなく、これ以上の情報は得られなかった。
結局は「平べったい山なのかなぁ…」くらいの想像のみで、平標山へ出発。

予報どおり、朝は天気が良い。
最初の林道歩きから雪は深めで、早めにワカンを装着。
雪はさらっとしていて、歩くときゅっきゅっと音がする。
なんだかとても気もちがいい。
寒くも暑くもない、ちょうどいい気温。

林道から登山道に入ると、じょじょに上り坂に。
雪もより深くなり、ラッセルで汗がじわじわ。暑いくらいになる。
ときどきもなか雪みたいなところがあって、ずぼっとはまる。
誰も歩いていない雪面には、太陽が当たってキラキラ。
なんだか厳冬期とは思えない暖かさ。まるで春のよう。

話は変わるが、年末の山行で時計をなくしてしまって、
ここ最近は、時間も分からず山登りをしている。
だから自分がどれくらい歩いたのかも分からないという始末…
この日も時間の感覚もなく歩いていた。
とてつもなくお腹がすいたころにようやく稜線に出た。
danyamaに時間を聞くと、11時過ぎ。
私の腹時計は正確のようだ。

とにかくお昼休憩をしたい一心で先を急ぐ。
でもここからが長く感じた。
稜線から見えた「あそこが頂上かな」と思ったところに着いてみると、
頂上はさらにその先で、遠く頂上標がみえて肩を落とす…。
それでもこの稜線は広々していてほんとうに気持ちがいい。
「平」と名のつく山だけあって、ゆったり広々。
どこまでもつづく真っ白い雪と青い空、それだけの世界。

そしてこの日一番乗りで頂上へ。
頂上も確かに真っ平らとまではいかないまでも、風がなければゆっくりできそうな感じ。
予報どおり、午後近くになってやや雲が出てきてしまい、
くっきりとした景色はみえなかったものの、十分すばらしい景色が見渡せる。
この日は少し風があって寒かったので、写真を撮って下山。
主稜線の合流地点あたりから、スキーのひと、スノーボードを担いだ人とすれ違う。
スキー、かっこいいなぁ、憧れる。

途中風のないところでお昼休憩をとった。
厳冬期の雪山でこんなにゆっくり休憩ができるなんてと思ってしまうほど穏やか。
下山してしまうのがもったいない。
下に見える苗場スキー場を見ながら「スキーして帰る?」なんてdanyamaと話しながら、
のんびりお湯を湧かしてラーメンを食べた。

今回は誰も歩いていないまっさらな道を歩くことができて、
満足感も充実感もたっぷり。
山はそのときの天候とか自分の体調とか状況によって、
好きになるか、良い思い出になるか決まると思うが、
たいらっぴょうやま…こちらは間違いなく私のお気に入りリストにイン。
雪のない時期はどうなんだろう?
そう思って検索したら、やっぱりだだっ広い稜線は美しく歩いたら気持ちがよさそう。
人は多そうだけど、雪のない時期にも来てみたい。

【memo】
07:30 三国小学校横駐車スペース
07:52 別荘地終点(ワカン装着) 08:02
09:01 林道から尾根取り付き
11:10 主稜線へ合流
11:56 平標山 12:08
12:32 主稜線への合流地点(休憩・昼食) 13:10
13:54 尾根から林道へ合流
14:33 別荘地終点
14:50 三国小学校横駐車スペース
[PR]
by ighana2 | 2014-02-02 09:20