Komemame Diary 2

2014.02.11 Tue
谷川岳へ。
c0313231_16355069.jpg


先週末は大雪のため下界で沈殿。
建国記念日のこの日は大陸の高気圧が張り出し関東甲信越は好天の予報ですが、
都内でもまだまだ雪が残っており、
クルマでのアプローチが心配のため近場を考えていました。
が、朝起きて天気予報を確認すると
高気圧の中心が北部にあるため関東南部は曇りがちとのこと。

慌てて代替候補を考えます。
中央道方面は依然として通行止めの区間があり一般道の渋滞が怖いのでペケ。
そもそも近場だからといつもよりゆっくり起きたため、すでに遠出はできない時間です。
じゃあ「近くて良い山」がいい、ということで谷川岳に行ってみることにします。
冬の谷川岳は未踏だし、天神尾根からの往復にすれば時間的にも問題無さそうだし。




 
 
ロープウェイで天神平へひとっ飛び
c0313231_15125654.jpg


完全防備で出発です
c0313231_15131848.jpg


まずは尾根に向かってゲレンデの脇を登ります
c0313231_15133583.jpg


雪庇が発達した支尾根に乗ります
c0313231_15134958.jpg


尾根の乗ると谷川岳がドカーンと見えます。しかし山頂付近のみガスがかかっています
c0313231_1514881.jpg


ゲレンデの向こうに裾野が広がった赤城山が見えます
c0313231_15142779.jpg


手前に天神平と奥は上州武尊山
c0313231_15144834.jpg


さすが人気の山。数日前の大雪にもかかわらずトレースが付いていました
c0313231_1515650.jpg


風紋がキレイでした
c0313231_1535465.jpg


西黒尾根
c0313231_15352725.jpg


これから登る天神尾根
c0313231_1535457.jpg


俎嵓が見え始めます
c0313231_15362524.jpg


とても良い天気ですが…
c0313231_15364642.jpg


万太郎山に続く稜線は膜が張り付いたようにガスが沸いていました
c0313231_15372214.jpg


谷川岳の山頂にも同じようにガスが
c0313231_1537433.jpg


赤城山をバックに
c0313231_1538484.jpg


ガシガシ登っていきます
c0313231_15382624.jpg


青と白を満喫
c0313231_15385486.jpg

c0313231_15404743.jpg


トレースを追って
c0313231_1541616.jpg

c0313231_1541303.jpg


ガス帯が近づいてきました
c0313231_15432541.jpg


そしてガスの中に突入です
c0313231_15435780.jpg


肩の小屋が見えました。スルーしてまずは山頂を目指します
c0313231_16124188.jpg


肩の広場の有名な道標
c0313231_1613322.jpg


トマの耳に向かって進みます。ガスが薄いときは下界もうっすら見えました
c0313231_16132220.jpg


トマの耳に到着。双耳峰のポーズ
c0313231_16134180.jpg


オキの耳に向かって下ります
c0313231_1614047.jpg


光が差し込み幻想的な感じの鞍部でした
c0313231_16143189.jpg


オキの耳に向かって最後の登りです
c0313231_16145218.jpg


オキの耳に到着。ここでも双耳峰のポーズ
c0313231_16151095.jpg


少し先まで進んでみましたが、神社は見えませんでした
c0313231_16153422.jpg


さて、肩の小屋に向かいます
c0313231_16155412.jpg


晴れそで晴れないもどかしい天気
c0313231_16161537.jpg


テーブル珊瑚
c0313231_16163686.jpg


海中散歩?
c0313231_16165665.jpg


ガスを通して太陽が主張しています
c0313231_16172079.jpg


肩の小屋の脇で休憩&昼食
c0313231_16173651.jpg


さて下山です。ザンゲ岩が前方に見えています
c0313231_16175548.jpg


シリセードを楽しめる箇所もありました
c0313231_16181571.jpg


上越国境の稜線は滝雲になっています
c0313231_16183660.jpg


ガス帯を抜けました
c0313231_1619410.jpg


すばらしい景色が広がります
c0313231_16192688.jpg


正面には赤城山
c0313231_16195057.jpg


滝雲が襲いかかっているようです。これにはビックリ&感動!
c0313231_15113047.jpg


尾瀬方面。燧ヶ岳、至仏山。右奥は奥白根山かな?
c0313231_16335164.jpg


東斜面にはキレイな風紋
c0313231_16341770.jpg


天神平と背後に奥白根山
c0313231_16344418.jpg


う~ん、すばらしい展望!
c0313231_1635396.jpg


ゆっくり下ります
c0313231_16352937.jpg


滝雲がまるで俎嵓のような形になっています。左側にはホンモノの俎嵓
c0313231_16355069.jpg


縦位置で。山肌が強調されます
c0313231_16361144.jpg


浅間山が見えました。存在感抜群
c0313231_16363754.jpg


ちょっと形が乱れてきましたがあいかわらずスゴいな~
c0313231_16365663.jpg


少し痩せた尾根
c0313231_1637528.jpg


幾重にも重なる上越の山並みの先には尾瀬
c0313231_16382834.jpg


行きは避雷針が顔を覗かせているだけでしたが、帰りは誰かが入口を掘り出していました
c0313231_16384938.jpg


ゆったりした尾根を下ります
c0313231_16391124.jpg


自然の造形美
c0313231_16392841.jpg


熊穴沢ノ頭への登り返し
c0313231_16394870.jpg


西黒尾根。もう少しでガスが晴れそうです
c0313231_1640360.jpg


歩いてきた天神尾根
c0313231_16402275.jpg


白毛門~笠ヶ岳~朝日岳もよく見えるように
c0313231_16404820.jpg


蠢くガスとkomemame
c0313231_1641328.jpg


山頂のガスが晴れてきました。もうちょっと早かったよかったのに…
でもこればっかりは仕方ありませんね
c0313231_16412427.jpg


午後の光を受けた風紋
c0313231_16414060.jpg


稜線から外れようやく冷たい風から開放されました
c0313231_16415498.jpg


最後にもう一度振り返って
c0313231_16421176.jpg


縦位置で。山肌には分厚い雪がベッタリ
c0313231_16422773.jpg


天神平に到着。おつかれっした!
c0313231_16425089.jpg



【danyama】
しかし、ロープウェイに乗っているときにふと気づきました。アイゼンを忘れたことを。
急遽予定を変更したのですっかりアタマから抜けていました(汗)
まぁ、天神尾根だったら何とかなるかな、ということで向かうことにします。
風の通り道になっているところはクラスト気味でノーアイゼンではイヤな感じでしたが、
ピッケルをしっかり握っていれば大丈夫でした。

この日は快晴でしたが、国境稜線にだけ膜が張ったようにガスが張り付いています。
おかげでザンゲ岩付近から上まで登ると視界なし。
でも!帰りに素晴らしい体験がありました。
滝雲です。
国境稜線に張り付いてた雲が越後側から上野側にどんどん流れ始め、
稜線を跨ぐようにこちら側に落ちていくのを目の当たりすることができました。

渋滞もなく明るいうちに家に戻ってこられましたが…、
komemameに「ほっぺが黒ずんでいる」と言われます。
鏡を見ると軽い凍傷になっていました。
終始冷たい風が吹き付ける稜線で、目出し帽を出すのが億劫だったため
アウターのフードだけで凌ごうとしたのが間違いでした。

アイゼンを忘れたり凍傷対策を怠ったりと油断していたわけではないのですが(多分)、
不注意が重なり、反省の多い山行となりました…。


【komemame】
寒い!寒い!寒い!
2月の山ってこんなに寒かったか。
ここ何回かは、厳冬期の山の洗礼を受けているような。
寒さに強くなったと思っていたが、すっかり覆される。

終始吹き付ける風の冷たいこと!
(現にほんの少し顔にすき間があったdanyamaのほっぺたは黒ずんでしまった…ひぃ~!)
ロープウェイ使うし楽々なんて思っていたけど、思いのほか厳しかった。
年に一度だけなってしまう重度の口内炎のせいか、調子も出ず。
たかが口内炎だけど、しゃべるのも食べるのも、普通にしてても痛すぎで。。
体調ってちょっとしたことで、左右されてしまうことを実感。
比べるにも及ばないけど、きっと今まさに頑張っている
オリンピック選手もそうなんだろうなぁと、ぼんやり考えたり。

それにしてもさすが谷川岳、スキーヤーも山登りの人も多い。
ここのところ静かな山歩きをすることが多かったから新鮮な気持ち。
風に吹き付けられながらも、前を行く人の列をみて、
私も頑張らなくちゃと思い直しながら歩く。人がいるって心強い。

残念ながら山頂は真っ白。。。だけど、
下山時、ときおり雲が風で吹き飛ばされると見える景色はサイコーのご褒美。
風でもくもくと動く雲は圧巻だった。
真っ白い雪面に真っ青な空、下に見えるカラフルなスキーヤーのウェアの色。
天気は良かったので、ゆっくり雪山の空気を味わいながら下山完了。

おつかれさまでした。


【memo】
09:23 天神平
10:18 熊穴沢避難小屋
11:43 肩の小屋
11:50 トマの耳 11:52
12:06 オキの耳 12:09
12:21 トマの耳
12:24 肩の小屋(休憩・昼食)12:44
13:25 熊穴沢避難小屋
14:10 天神平
[PR]
by ighana2 | 2014-02-12 15:09