Komemame Diary 2

2014.03.09 Sun
八ヶ岳(阿弥陀岳)へ。
c0313231_22463160.jpg

雪山にはかよっていたのですが山歩きは久しぶり。



 
 
美濃戸口から美濃戸までの林道は雪がたっぷりでした
c0313231_10453062.jpg


美濃戸に到着。見慣れた景色
c0313231_10455774.jpg


南沢を進みます
c0313231_10461717.jpg


南沢も雪たっぷり
c0313231_10463428.jpg


キレイな樹林帯
c0313231_10465224.jpg


正面に横岳が見えてきました
c0313231_1047153.jpg


さらに進むと今度は赤岳が姿を現します
c0313231_10473780.jpg


トレースはしっかり付いています
c0313231_10475634.jpg


今回のトレースは樹林帯に入らず行者小屋まで南沢の上に付けられていました
c0313231_10481753.jpg


行者小屋に到着。カラフルなテントたち
c0313231_10483311.jpg


行者小屋より赤岳
c0313231_10485014.jpg


行者小屋より阿弥陀岳
c0313231_1049630.jpg


行者小屋より横岳
c0313231_10492294.jpg


人がたくさんの行者小屋で完全冬山装備に変更
c0313231_10493959.jpg


赤岳を正面に。文三郎尾根に向かいます
c0313231_10495821.jpg


するとカモシカさんに遭遇
c0313231_1050196.jpg


カモシカさんとの2ショット(photo by komemame)
c0313231_10503992.jpg


阿弥陀北稜を見上げます
c0313231_1261126.jpg


文三郎より横岳
c0313231_1263382.jpg


文三郎尾根より硫黄岳
c0313231_1265129.jpg


文三郎尾根より北ア
c0313231_1271342.jpg


登ります。雪が柔らかくピッケルはうまく決まりません
c0313231_1275073.jpg


ここから見る中岳が好きです
c0313231_1281214.jpg


こちらは阿弥陀
c0313231_1283183.jpg


文三郎上部は雪が踏み固められて歩きやすくなります
c0313231_12989.jpg


阿弥陀の北稜と中岳の稜線が際立つアングル
c0313231_1293258.jpg


おなじみの文三郎分岐の標識が見えてきました。
この日は風が弱かったですが、この辺りは風が無かったためしはありません
c0313231_1295874.jpg


文三郎分岐から赤岳を望む
c0313231_12102230.jpg


文三郎分岐から中岳と阿弥陀岳
c0313231_12104889.jpg


文三郎分岐から権現、ギボシ、編笠、三ツ頭と背後に仙丈、甲斐駒、北岳
c0313231_1211127.jpg


文三郎分岐から中岳に向かって下ります
c0313231_12113346.jpg


九十九折に下っていきます
c0313231_12115229.jpg


下る姿をヨリで
c0313231_1212107.jpg


北八ツの山々と蓼科山
c0313231_12123623.jpg


北アも全部見えました
c0313231_12125677.jpg


正面には阿弥陀と中岳
c0313231_12131919.jpg


縦位置で
c0313231_12134075.jpg


振り返ると背後には赤岳が
c0313231_1214350.jpg


青空の下には権現、ギボシと南ア
c0313231_12142311.jpg


コルに到着。サングラスだと曇ってしまうのでゴーグルに変更
c0313231_12141937.jpg


権現とキレット
c0313231_12145845.jpg


中岳に向かって登ります
c0313231_12152384.jpg


中岳山頂
c0313231_12155697.jpg


中岳からは痩せ尾根を下ります
c0313231_12161574.jpg


阿弥陀に向かって痩せ尾根を下ります(photo by komemame)
c0313231_12164372.jpg


強い寒気のせいか富士山は中腹より上は隠れていました
c0313231_12171796.jpg


ハシゴを過ぎると急登となります
c0313231_12173618.jpg


急登を進みます
c0313231_12175867.jpg


急登から赤岳を振り返って
c0313231_12184981.jpg


落ちたら止まるかどうかといったところ
c0313231_1219884.jpg


ちょっとした岩場を越えると斜面は少し落ち着きます
c0313231_1219292.jpg


急登の途中から南アルプス
c0313231_12195969.jpg


最後の登りです
c0313231_122030100.jpg


後には歩いてきた稜線の美しいライン
c0313231_12205692.jpg

c0313231_12213581.jpg


急登を登りきったところ。背後には赤岳
c0313231_12215897.jpg


阿弥陀岳山頂に到着です
c0313231_22463160.jpg


阿弥陀様のポーズらしい
c0313231_12235366.jpg


諏訪湖側は広々~(photo by komemame)
c0313231_12241792.jpg


阿弥陀岳山頂より赤岳
c0313231_2124414.jpg


阿弥陀岳山頂より縦位置で赤岳
c0313231_2125946.jpg


阿弥陀岳山頂より横岳
c0313231_21253522.jpg


阿弥陀岳山頂より硫黄岳
c0313231_21255831.jpg


阿弥陀岳山頂より天狗岳、北横岳、蓼科山
c0313231_21261968.jpg


阿弥陀岳山頂より権現岳、ギボシ
c0313231_21264713.jpg


阿弥陀岳山頂より編笠山と南アルプス
c0313231_2127914.jpg


阿弥陀岳山頂より北アルプス
c0313231_21273926.jpg


阿弥陀岳山頂より乗鞍
c0313231_212822.jpg


阿弥陀岳山頂より御嶽ドン
c0313231_21283183.jpg


阿弥陀岳山頂より中ア
c0313231_2128556.jpg


さて、御小屋尾根を使って下山です
c0313231_21292176.jpg


岩場あり。ピッケルぶらさげちゃって危ないよ~
c0313231_2129465.jpg


ハシゴもあります
c0313231_2130616.jpg


トラバースもあります
c0313231_21302953.jpg


御小屋尾根もなかなかの急斜面
c0313231_213052100.jpg


真新しい補助ロープが付いていました
c0313231_21311082.jpg


立派な尾根です
c0313231_21313327.jpg


諏訪湖がよく見えます
c0313231_21315698.jpg


正面に見えるのが御小屋山
c0313231_2132146.jpg


御小屋山から美濃戸口に向かいます。単調な樹林帯です
c0313231_21323913.jpg


美濃戸別荘地に出ましたが上の方は除雪されていません
c0313231_21325770.jpg


美濃戸口まで戻ってきました。おつかれさまでした
c0313231_2133151.jpg



【danyama】
金峰山に向かってクルマを走らせながら情報収集していると、
林道は先日の大雪で通行止めになっており、瑞牆山荘まで歩いて2時間かかるとのこと。
慌てて双葉SAにいったん入ってどこに行くか再検討。

困ったときの何とやら…で八ヶ岳に向かいました。
komemameは冬の阿弥陀未踏ということで南沢から文三郎経由で中岳、阿弥陀岳に登り、
帰りは御小屋尾根から美濃戸口へ。

天気も申し分なく、風も八ツにしては微風。
たっぷりの雪の中を下ったせいか、
1ヶ月ぶりの山登りの割にはひどい筋肉痛にもならずよかったです。


【komemame】
なんだかんだと前回の山歩きから約一ヶ月。
さぼっているとあっという間に時間が過ぎてしまう。
(正しく言えばさぼっていたわけではない。雪山には行っていた)
こうなると雪山シーズンもすぐに過ぎ去って夏になってしまいそう。
というわけで追い立てられるように、雪山へ。

ちょうど去年の同じころ、念願だった赤岳に登った。
天気も最高、景色も絶好、ただただ感動して感激したのを今も思い出す。
あのとき風をよけながら食べたパンのことだって覚えている。
(ツナマヨのパンだったなぁ…)

そこから見えた厳しい顔した阿弥陀さま。
なんとかルートとか、ほにゃららルートとか、
たくさんのバリエーションルートがあって、
とにかく経験者向けの難しそうな雪山だという印象しかなかった。

今回は急きょその阿弥陀に行くことになって、
向かう車の中でレコを検索、検索、検索…。
すると北稜だの、南稜だとか、みんなロープとかもって登ったりしてやっぱり難しそうではないか!
でも一般ルートもあるということでとにかくトライしてみることに。

一ヶ月ぶりの山歩きのせいか、最初の林道から足が重い。
別にこの一ヶ月だらだら体を怠けさせていたわけじゃなく、
体はしっかり動かしていたのだけど、どういうことか。
最近ちょっと趣味で解剖学の勉強なんかをしているので、
山を歩くために大事な筋はここ、そのためにはこう鍛えると良いなんて、
うんちくは溜まっていて、筋力を落とさないように鍛えていたつもりだけど、
ぜんぜん効き目なし。トホホ…
山体力は山でしか養えない、保てないということなのか。やっぱり。

そんなことを考えながらふにゃふにゃと歩いていたら、行者小屋に到着。
ここにいる人たちみんなすごい山の猛者に見えてしまう。かっこいいなぁ。
私もふにゃふにゃ具合を他の人に悟られないようにしながら(笑)、
準備して阿弥陀岳に向けて出発。
分岐から阿弥陀への道は、緊張感のない体をピリっとさせる感じ。
急な道なので、慎重に慎重に。
それにしても前回の赤岳同様、天気はばつぐんに良くて、風もほとんどなく雪山日和。
春は確実に近づいているようで、
のんびり赤岳を眺めながらランチタイムを楽しむこともできたほど。
山頂からの景色もスゴイの一言。
山はいいなー、楽しいなー、嬉しいなーって気持ちでいっぱいになった。
うだうだ考え事しながら歩いていたのがバカみたいーっ。
しばらくまた用事で山に行けそうにないので、よけいにそう思った。

あぁ、春の雪山も楽しみだ。
こんどは一ヶ月もあけずに行けるといいのだけど。

おわり。


【memo】
06:33 美濃戸口
07:22 美濃戸山荘
09:13 行者小屋(休憩/アイゼン・ピッケル装着) 09:45
10:52 文三郎分岐
11:21 中岳
12:19 阿弥陀岳(休憩・食事) 12:45
13:45 不動清水
14:42 御小屋山
15:33 登山口
16:03 美濃戸口
[PR]
by ighana2 | 2014-03-10 22:44