Komemame Diary 2

2014.03.22 Sat - 03.23 Sun (2)
八ヶ岳(権現岳~キレット~赤岳)へ。その2
c0313231_15495367.jpg

いきなり寝坊からのスタートです。4:00に起きるつもりが5:30に起床。
前夜の睡眠不足を補うためか、はたまた春眠暁を覚えずということでしょうか、
惰眠を貪っているうちに11時間も寝てしまいました…。

【2日目】
キレット小屋(幕営)〜赤岳〜行者小屋〜美濃戸口




 
 
寝坊しました!赤岳に向けて出発です。いきなりの急登です
c0313231_15502795.jpg


朝方は逆光で色の薄い富士山
c0313231_15504485.jpg


ここから見る赤岳は複雑な形
c0313231_1551320.jpg


大天狗小天狗を横目に眺めながら進みます
c0313231_1551246.jpg


さていよいよ岩稜帯に入ります
c0313231_15514860.jpg


前日歩いてきた道を振り返ります
c0313231_15495367.jpg


今日もいい天気です
c0313231_15522711.jpg


でも朝の内は風がけっこうありました
c0313231_15525047.jpg


ルンゼを詰めていきます
c0313231_15531211.jpg


阿弥陀の南陵がよく見えました
c0313231_15532949.jpg


こちらは阿弥陀と中岳
c0313231_15534928.jpg


良い天気でしたが朝方は風が強く、大きなザックと背中の間に風が入って煽られます
c0313231_15541310.jpg


雪と岩のミックスが続きます
c0313231_15543257.jpg

c0313231_15545363.jpg


登ってきたルンゼを上から見下ろします
c0313231_15552222.jpg


イヤな感じのトラバースが連続します
c0313231_15554887.jpg


尾根をつたっていきます
c0313231_1556897.jpg


歩いてきたキレットの稜線
c0313231_15563374.jpg


ここもちょっとイヤな感じでした
c0313231_15565472.jpg


竜頭峰が見えてきました
c0313231_15571331.jpg


ようやく真教寺尾根分岐まできました
c0313231_15573123.jpg


雪壁を登りきると…
c0313231_15574921.jpg


竜頭峰に到着です。目前に赤岳山頂が見えます
c0313231_15581753.jpg


少しだけ緊張感から解き放たれました
c0313231_15583682.jpg


竜頭峰より赤岳山頂を望む。人がたくさんいます
c0313231_15585756.jpg


赤岳山頂に到着
c0313231_15593364.jpg


山頂より。キレットから権現。ようやく感慨深く来た道を振り返ることができました
c0313231_160574.jpg


山頂より。富士山
c0313231_1602293.jpg


山頂より。硫黄、天狗、北横岳、蓼科山と見慣れた風景が飛び込んできます
c0313231_1604553.jpg


山頂より。横岳
c0313231_161426.jpg


山頂より。阿弥陀と中岳
c0313231_1612423.jpg


山頂より。阿弥陀岳
c0313231_1614562.jpg


天望荘まで下りてきました
c0313231_1621196.jpg


阿弥陀と中岳
c0313231_1623025.jpg


こんにちは。お顔がしっかり見えるようになりましたね~
c0313231_1624724.jpg


地蔵尾根のリッジと阿弥陀岳。お背中拝借ありがとうございます。
c0313231_163493.jpg


アイスクリームのような行者小屋
c0313231_1632015.jpg


南沢を下ります
c0313231_1633644.jpg


美濃戸に到着
c0313231_1635039.jpg


美濃戸口までの林道は雪融けが進んでいました。おつかれさまでした!
c0313231_164566.jpg



それにしても、ゆっくり眠れるほど暖かくなったし、日も長くなりました。
そして厳冬期に感じる悲壮感のようなものもない季節になりましたね。

ルンゼまではさして危険な場所はありませんが、朝方は風が強く気を配ります。
ルンゼを越え、稜線に乗ってからが核心部となります。
一歩ずつ確実に進めば問題はないのですが、足元は落ちたら即アウトが続き、
緊張感を強いられ続けました。

結局、権現より先から赤岳手前までは一人旅でした。

明るいうちに東京に戻って仕事をする必要があるため、
赤岳山頂からは最短距離の地蔵尾根で下山。3年ぶりに南沢を下りで使いました。

八ヶ岳はこれまで日帰りが中心で、
テン泊装備で稜線まで上がったことがなく、今回良い経験ができました。
荷物の重さのためか、家に帰ると足裏に水ぶくれができていましたが…。

そうそう、自己満ですが…、
今回のキレット越えで積雪期のみで南北八ヶ岳の赤線がすべて繋がりました。
おしまい。


【memo】
07:25  キレット小屋
09:40  真教寺尾根分岐
10:01  赤岳(休憩・昼食)10:31
10:50  地蔵尾根分岐
11:16  行者小屋 11:28
12:34  美濃戸 12:40
13:25  美濃戸口
[PR]
by ighana2 | 2014-03-25 13:27