Komemame Diary 2

2014.05.25 Sun
妙高山へ。

今雪山シーズンに2度敗退した妙高山に行ってきました。
c0313231_1656375.jpg


●前回の敗退記録

●前々回の敗退記録

ホントは先週にもう一度行きたかったのですが、週末は所用で動けず。
土日ともに良い天気だったので「今週行きたかったなぁ」と悔しく思う一方で、
「遠出して2回連続同じルートを歩くのもなぁ」との気持ちも湧き出始め、
モヤモヤしながら過ごしました。
でも今回行かなかったら、そのまま雪がなくなりあっという間に
夏が来てしまうような気がしたので思いきって行ってきました。
 



 
 
笹ヶ峰登山口よりスタート。前回よりも2時間も早いスタートです
c0313231_16571457.jpg


歩き始めてすぐにビックリ。2週間前は雪で覆われていた登山道には木道が露出していました
c0313231_16573259.jpg


黒沢橋まで木道は8割がた露出していました。2週間前は全面雪だったのに
c0313231_16574849.jpg


たまにこんなところもあります
c0313231_1658344.jpg


黒沢橋
c0313231_16581720.jpg


十二曲りはまだまだ雪道です
c0313231_16583712.jpg


岩場を過ぎた1860m付近から雪はベタ付きとなります
c0313231_1659275.jpg


富士見平を過ぎると正面に黒沢岳
c0313231_16591759.jpg


進行方向左手には火打~影火打~焼山
c0313231_16593034.jpg


黒沢岳の南面をトラバースします
c0313231_16594676.jpg


黒沢岳を見上げて
c0313231_16595973.jpg


雪原に出ました
c0313231_1701312.jpg


あいかわらず気持ちがいいところです
c0313231_1703297.jpg


でも確実に前回よりも雪は減っています
c0313231_1704658.jpg


黒沢池ヒュッテに到着
c0313231_171185.jpg


トラバース気味に進んで…
c0313231_1711790.jpg


大倉乗越へと向かいます
c0313231_1714190.jpg


大倉乗越に到着。やっぱりここからの妙高本峰はインパクトがありますね
c0313231_1715991.jpg


雪は2週間前と比べると若干減っています
c0313231_1722424.jpg


カルデラの底を見ると長助池が見えるようになりました
c0313231_172426.jpg


ここでアイゼン・ピッケルの準備をします
c0313231_17314.jpg


さて激下ります
c0313231_1656375.jpg


上部はかなりの斜度のためクライムダウンします
c0313231_1734380.jpg


一歩ずつゆっくり下るkomemame
c0313231_174595.jpg


ゆっくりペースで降りるkomemameがどんどん小さくなります
c0313231_1742588.jpg


カルデラの底から妙高本峰を見上げます
c0313231_1744021.jpg


底まで降りてもkomemameはまだ上の方にいるため長助池で待ちます
c0313231_1745691.jpg


長助池はただの水たまりでした
c0313231_1751394.jpg


長助池から外輪山を眺めます。雪庇の崩落した跡がまだまだ見られます
c0313231_1753047.jpg


待つこと40分!ようやくkomemameが降りてきました
c0313231_1754971.jpg


カルデラの底を歩き長助池分岐へ向かいます
c0313231_176616.jpg


カルデラの底は別の世界にいるような感覚にとらわれます
c0313231_1762664.jpg


三田原山のカルデラ側にもデブリがありました
c0313231_1764392.jpg


長助池分岐へ向かいます。背後には大倉山
c0313231_1771233.jpg


日暈が見えました
c0313231_1772722.jpg


長助池分岐から山頂のコルまではほぼ一直線に登り詰めます
c0313231_1774682.jpg


薮が出ているところも
c0313231_178787.jpg


山頂のコルに到着。火打~影火打~焼山を望みます
c0313231_1782988.jpg


山頂のコルまで上がると東側の眺望が開けますが、この日はかなり霞んでいました
c0313231_1785147.jpg


コルから山頂まではズブズブの雪が付いています
c0313231_1791483.jpg


痩せ尾根を進みます
c0313231_1793392.jpg


頂上手前の短い雪壁を登ると…
c0313231_1795653.jpg


妙高山山頂(北峰)に到着
c0313231_17101796.jpg


このポーズはなんだろ?
c0313231_17103759.jpg


頂上標のイラストのポーズでした。「ミョーコーさん」という妙高市のご当地キャラらしいですよ
c0313231_17105464.jpg


三角点を後にし、奇岩の間をすりぬけて妙高大神に向かいます
c0313231_1711572.jpg


途中に日本岩という名前のフツーの岩があります
c0313231_17122357.jpg


日本岩の看板に「妙高大神まで400m」との表示にビックリ。思わず引き返そうと思いましたが…
c0313231_17124293.jpg


40mほどで最高点(2454m)の妙高大神に到着しました
c0313231_171344.jpg


妙高大神の看板。ここにもミョーコーさんがいます。どうやらクサリ場までが400mだったようです
c0313231_17132735.jpg


上弦のポーズというらしい。ただのブリッジですね
c0313231_17135725.jpg


山頂より。火打~影火打~焼山
c0313231_15473327.jpg


山頂より。焼山~金山~天狗原山
c0313231_1548242.jpg


山頂より。外輪山の三田原山
c0313231_15483132.jpg


山頂より。燕温泉方面
c0313231_15485074.jpg


山頂より。外輪山の先に高妻山
c0313231_15493354.jpg


山頂より。岩の向こうに黒姫山
c0313231_15495860.jpg


妙高大神より頂上標のある山頂を望みます
c0313231_15501989.jpg


平な岩の上でお昼にします
c0313231_15504239.jpg


さて、下山です
c0313231_1551213.jpg


下りはホントあっという間
c0313231_15512746.jpg


長助池分岐付近まで戻ってきました
c0313231_15514898.jpg


落石やデブリが散乱しています
c0313231_15521050.jpg


大倉乗越まで外輪山の内壁を登り返します
c0313231_15523475.jpg


およそ200mをいっきに登り返します
c0313231_15525837.jpg


大倉乗越にて(photo by komemame)
c0313231_15531855.jpg


火打と影火打を見ながら黒沢池ヒュッテ方面まで戻ります
c0313231_15534292.jpg


晴れていれば日本海が見えているはずですが…
c0313231_1554630.jpg


外輪山の斜面をトラバースして黒沢池ヒュッテはスルーします
c0313231_1554327.jpg


雪原を歩いて戻っていると霞がどんどんとれてきまいた
c0313231_1555117.jpg


晴れてくると暑い
c0313231_15552057.jpg


高妻山・乙妻山
c0313231_15554368.jpg


今頃になって青空が広がってきました
c0313231_1556534.jpg


黒沢岳をバックに
c0313231_15562392.jpg


黒姫山
c0313231_15564679.jpg


十二曲りの下りに備えてアイゼン付けっぱなしで岩場を通過
c0313231_155784.jpg


黒沢で泥んこのアイゼン、ピッケルを洗います。哀愁漂う背中
c0313231_15573142.jpg


行きは何も付いていなかった黒沢橋ですが帰りは手すりとロープが設置されていました
c0313231_15574988.jpg


日が傾いてきました
c0313231_1558622.jpg


快適な木道を下ります
c0313231_1675053.jpg


ブナの新緑がきもちいい
c0313231_1681265.jpg

c0313231_1682577.jpg


登山口の脇にポツンと水芭蕉
c0313231_1683988.jpg


水芭蕉アップで(photo by komemame)
c0313231_1685185.jpg


笹ヶ峰登山口に戻ってきました。おつかれさまでした!
c0313231_169789.jpg


【danyama】
前回の敗退の原因の1つがスタート時間が遅かったこと。
今回は5時に歩き始められるように家を早出しました。

登山口から歩き始めるとビックリ。
2週間前は全面雪で覆われていた木道もほぼ露出しています。
こんな感じで同じ道を歩いていても、同じルートに感じなかったり、
雪の量の変化を比較しながら歩くことができ、まったく飽きることはありませんでした。

大倉乗越から長助池分岐までのカルデラ内の雪庇の崩落と雪崩リスクが
もうひとつの敗退の理由だったのですが、
この感じだったら落ち着いていそうということで前回通りのルートを辿ることにします。

大倉乗越に到着すると、前回見えなかった長助池が顔を出し始めています。
雪庇もだいぶ落ちているようでこれなら大丈夫ということで下り始めますが
komemameが大ブレーキ。
前回よりもこの激下りの雪の状態悪いと感じ、クライムダウンじゃないとコワいと。
ボクには前回よりも時間が早くアイゼンの食いつきも良かったように感じたのですが…。
結果、長助池で40分もkomemameが降りてくるのを待つことに。

カルデラの底を長助池分岐に向かって歩きますが、この辺りは独特の雰囲気があります。
前回はカルデラの底が雪庇の崩壊リスクと雪崩リスクでかなり危険な状態だと感じ、
無理して正規ルートではない北側から
妙高本峰にアプローチして行き詰まってしまいましたが、
今回は山頂のコルまで突き上げるように登ることができました。
コルから山頂まではちょっと雪が不安定でしたが、
「前回の苦労は何だったんだろう」と思える程あっさり山頂に立つことができました。
山頂は当然のように貸切。暑くもなく寒くもなくとても気持ちが良かったです。

この日はちょっと変わった天気で、曇っている訳ではないのですが眺望はあまり利きません。
その分、気温もさほど上がらずに歩くにはとても良いコンディションでした。
むしろ、ピーカンだったら雪山での往復20kmですから途中でバテていたかもしれません。

今回改めて感じたのは、雪山は時季や天気・タイミングなどのちょっとした違いが、
登頂できる、できないという大きな違いに繋がるということでした。

3度目にしてやっと雪の妙高山の山頂に立つことができ感慨深い山行となりました。
これで今シーズンの雪山は思い残すことなく終われるような気がします。
思いきって行ってよかったぁ~。


【komemame】
わずか2週間前だというのに、
樹林帯ははじめてみる景色のように様変わりしていました。
雪の下に苦しそうにもぐり込み横倒しになっていた木々は、
むくっと起き上がり、天高くたくましく上へ上へと伸びています。
天から注がれる光の栄養を思いっきり吸い込いこもうとしているかのように。
そして、音は聞こえるのに、雪で姿が見えなかった沢も
たっぷりの雪解け水が流れる様子が見ることができました。

様子が一変したことに驚きながら、今回のリベンジ登山はスタート。
しっかり木道がみえているので、黒沢橋まではあっという間に到着。
木道の歩きやすさと言ったら!木道って足に負担があるし、
ちょっとぬれていようものならツルッといくので、
いつもは苦手なのですが、今回ばかりは「もくどうさまさま」でした。笑

この日は少しカラダが重くて調子は出なかったものの、
順調に着実に12曲り、富士見平、ヒュッテ、大倉乗越とポイントクリア。
さすがに前回よりも早めのペースで歩くこともできて、
意外といけちゃう~?なんて思っていました。

ところが大倉乗越からカルデラを覗いてみると、
前回と状況ぜんぜん変わってないじゃん!!!
今にも崩れそうな雪庇は落ちていましたが、
ほぼ直角に見える斜面の雪はまだたっぷりあって、
前の恐怖と苦労を思い出し、すっかり心はしぼんでしまったのでした。
そうなると萎縮した気持ちはなかなか治りません。
こわい、こわい…と思いながら下ったので、前回よりもすごくへっぴりで、
危なっかしかったように思います。
下りても下りても、底はまだまだで、サクサクおりるdanyamaが米つぶのように見えます。
しまいには米つぶのdanyamaすら見えなくなり、よけいに怖くなりました。
おかげで前回よりもたっぷり時間がかかり、danyamaを40分も待たせてしまいました。

ここでカラダも精神もかなり疲労…
そこから先は前を行くdanyamaの足跡を追ってアリのように歩くばかり。
見上げても山頂も見えず、あとどれくらいなのかも分からず途方に暮れてしまいます。
それでも絶対今日は山頂まで行かないと!という思いがあったので、
一歩、一歩急な登りを進んでいきました。

妙高山はほんとに近くまで行かないと山頂が見えません。
ようやく見えた妙高山は、ごつごつした黒い岩肌の厳しい雰囲気が漂っています。
「あーようやく登頂させていただける」としみじみと感じました。
山頂では、そのありがたみを噛み締めながらのんびり過ごしました。
いつもなら景色をみたり写真を撮ったり、忙しく山頂の時間を過ごしますが、
あまりの静けさに、ごろんと岩の上で寝転がって、
足を投げ出して心ゆくまで妙高山の空気をカラダに満たしました。

私にとって、雪の妙高山は人を寄せ付けない厳しい山。
それは前回につづき今回登ってあらためて感じたこと。
もう一度行け、と言われたらかなり躊躇してしまう山ですが、
「わーい♪」と自然や景色に感動するばかりではなくて、
ときにはこうして、静かに山と自分に向き合う山もいいものだと思いました。


【memo】
05:06  笹ヶ峰登山口
05:52  黒沢橋
06:28  十二曲り
07:18  富士見平付近
07:53  黒沢池ヒュッテ
08:16  大倉乗越(休憩/アイゼン・ピッケル装着) 08:35
08:56  長助池(komemame待ち) 09:34
09:52  長助池分岐
11:31  妙高山(北峰・三角点) 11:33
11:39  妙高大神(南峰・最高点/休憩・昼食) 12:14
12:19  妙高山(北峰・三角点) 12:21
12:51  長助池分岐
12:59  長助池
13:27  大倉乗越 13:37
13:48  黒沢池ヒュッテ
14:32  富士見平
15:11  十二曲り
15:30  黒沢橋 15:41
16:20  笹ヶ峰登山口
[PR]
by ighana2 | 2014-05-26 16:51